Go to Contents Go to Navigation

南北経済協力 「米側と認識差縮めるため協議中」=韓国外相

記事一覧 2018.08.23 14:42

【ソウル聯合ニュース】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は23日、国会外交統一委員会に出席し、北朝鮮との経済協力を巡る南北協議のペースに関連し、「(米国側と)認識の差があるが、縮めるため意思疎通や説得、協議を行っている」と答弁した。

国会外交統一委員会で答弁する康長官=23日、ソウル(聯合ニュース)

 康長官は米側から協議のペースを落とすよう要請があったかとの質問に対し、初めは「公式に(要請を)受けたことはない」としたが、再度質問されると「具体的な内容は公表できないが、認識の差を縮めるため協議している」と述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。