Go to Contents Go to Navigation

今年の輸入車登録BMWが最多 僅差でベンツ=韓国

記事一覧 2018.08.27 08:52

【ソウル聯合ニュース】韓国自動車産業協会と韓国輸入自動車協会によると、韓国で1~7月に登録された輸入車のうち最多ブランドはBMWで、累計38万9566台だった。輸入車全体の19.1%を占めた。BMWは走行中にエンジンから出火する事故が相次いだため先ごろ大規模なリコール(無料の回収・修理)実施に入り、信頼性に少なからぬ打撃を受けているものの、7月末時点ではトップとなっている。

輸入車の登録台数トップ4ブランドはドイツ車だった(コラージュ)=(聯合ニュース)

 累計登録2位はメルセデス・ベンツで38万2360台。BMWとの差はわずか7206台と、BMWのリコールにより今後順位が変動するか注目される。

 3位はフォルクスワーゲン(VW)で17万4557台、次いでアウディが16万1528台、トヨタ自動車の高級車ブランド、レクサスが10万1046台。以下、フォード(8万3480台)、ルノーサムスン(7万7900台、海外生産モデルを輸入)、ホンダ(7万4814台)、クライスラー(6万2612台)、ミニ(6万720台)と続いた。 

 ドイツ車が1~4位を独占し、韓国での変わらぬ人気ぶりをアピールした。これら上位4ブランドで全体の54.4%を占める。

 今年韓国で登録された輸入車は7月時点で累計203万8039台と、初めて200万台を超えた。

 それでも韓国ブランドの登録台数を超える輸入ブランドはない。韓国メーカーの乗用車の登録台数をみると、現代自動車が734万9625台、起亜自動車が507万6376台、韓国GMが156万4903台、ルノーサムスンが150万5906台、双竜自動車が74万7439台となっている。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。