Go to Contents Go to Navigation

春川国際レジャー大会でK―POP公演 SHINeeら11組出演

記事一覧 2018.08.29 11:30

【春川聯合ニュース】レジャースポーツの祭典「2018春川国際レジャー大会」(8月24~27日)の開幕を記念する「K―POPメガコンサート」が25日、韓国北部の江原道春川市で開催され、多数の人気アーティストが大会のムードを盛り上げた。

K―POPメガコンサートでステージに立つNATURE=(聯合ニュース)

 コンサートは春川国際レジャー大会の会場、松岩スポーツタウン主競技場内の特設ステージで行われ、SHINee(シャイニー)、NU’EST W(ニューイースト・ダブル)、B.A.P、VROMANCE(ブロマンス)、Ailee(エイリー)、gugudan(ググダン)、DREAMCATCHER(ドリームキャッチャー)、BABA(ババ)、NATURE(ネイチャー)、パク・ヒョンビン、キム・ヨンジャの11組が出演。韓流スターのステージを見ようと、韓国国内だけでなく海外からもファンが駆け付けた。

 今年で7回目となった春川国際レジャー大会には、30カ国・地域から約6500人の選手が参加した。アクションスポーツ、インラインスラローム、RCカーレーシング、水上スキー・ウェイクボード、ボードゲームのカロムの5競技で国際大会が、ドローンレーシング、スポーツクライミング、アイスホッケー、インラインスピード、キングカヌーレース、ダーツ、テコンドー、囲碁、ディープウォーターソロイングの9競技で国内大会が行われた。

アクションスポーツのスケートボード種目に出場した選手が、巧みな技を披露している=(聯合ニュース)

 また、ドローンの操縦体験、水上スポーツ体験、伝統民俗遊びなど多彩な参加型プログラムも実施された。

 春川市の李載洙(イ・ジェス)市長はK―POPメガコンサートの開会あいさつで、「春川は山と河、湖に囲まれた自然環境に加え、世界レベルの競技施設を備えた都市。朝鮮半島の平和への流れを発展させ、次回は南北がレジャーでひとつになる感動を実現したい」と述べた。

K―POPメガコンサートで開会のあいさつをする李市長=(聯合ニュース)

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。