Go to Contents Go to Navigation

韓中日文化相会合が中国で開幕 韓国は「北朝鮮との交流」訴えへ

記事一覧 2018.08.29 11:04

【ソウル聯合ニュース】韓国、中国、日本の3カ国による第10回文化相会合が29日、中国のハルビン市で開幕した。

インドネシアで開催中のジャカルタ・アジア大会で、都鍾煥長官(左)はボート競技に出場した南北合同チームの試合を北朝鮮の金日国(キム・イルグク)体育相と共に観戦した=(聯合ニュース)

 韓国の都鍾煥(ト・ジョンファン)文化体育観光部長官、中国のラク樹剛文化観光相、日本の林芳正文部科学相が出席し、30日の本会議を経て3カ国の文化交流・協力の発展に向けた「ハルビン宣言文」を発表する計画だ。

 事前配布された宣言文には、「東アジア文化都市」ブランドの発展に向けた協力推進、3カ国の文化・芸術機関同士の実質的協力強化などが盛り込まれている。

 文化体育観光部によると都鍾煥長官は本会議の演説で、東アジアにおける平和定着と安定を促すため、3カ国と北朝鮮による文化交流・協力が重要だと訴える予定という。

 3カ国は2019年の東アジア文化都市として韓国の仁川市と中国の陝西省西安市、日本の東京都豊島区を選定した。仁川では19年の韓中日文化相会合が開かれる予定だ。東アジア文化都市は3カ国が文化芸術による発展を目指す都市を選定するもので、選定都市ではさまざまな文化芸術イベントなどが実施される。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。