Go to Contents Go to Navigation

広域自治体トップと懇談会 「最大懸案は雇用」=文大統領

記事一覧 2018.08.30 12:00

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は30日、青瓦台(大統領府)で広域自治体(17市・道)の首長と懇談会を開いて地域の雇用創出政策を共有し、協力を求めた。雇用関連指標が悪化する中、雇用問題解決が政府の最大課題に浮上しており、中央政府と自治体が協力体制を構築し、総力を挙げる。

文大統領(資料写真)=(聯合ニュース)

 文大統領は「雇用創出は政府と自治体が直面している最大の懸案」として、「政府と自治体の強い連携が必要だ」と強調した。

 青瓦台は雇用問題を目下の国の急務とした上で、「このため中央政府と地方政府の協治(協力政治)の場を設けた」と説明。同懇談会を四半期ごとに開催することにしたと明らかにした。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。