Go to Contents Go to Navigation

鉄鋼輸入制限から韓国の免除あり トランプ氏が署名

記事一覧 2018.08.30 11:37

【ソウル聯合ニュース】米国は鉄鋼の輸入量を制限するクオータ制(割当枠)で、米産業の状況に応じ韓国を対象から除外することにした。トランプ米大統領が一部免除を容認する文書に署名したと、ロイター通信が29日(現地時間)、米商務省の発表として伝えた。

米国が韓国から輸入する鉄鋼を、米産業の状況に応じクオータ制の免除対象にすると決めた(イメージ)=(聯合ニュース)

 一部免除が容認されたのは、韓国とアルゼンチン、ブラジルの鉄鋼と、アルゼンチンのアルミニウム。ロイター通信は「米国の鉄鋼、アルミニウムメーカーが量や質で不十分な場合」にクオータ制免除を申請でき、認められれば関税が課されないと伝えた。

 ただ、トランプ氏は「現時点では今の関税とクオータを維持することが必要、かつ適切というのが私の判断」と述べたという。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。