Go to Contents Go to Navigation

韓国国防部が外傷センター着工 20年開院予定

記事一覧 2018.08.31 14:59

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部は31日、国軍外傷センターの着工式を開いた。

国軍外傷センターの完成予想図(国防部提供)=(聯合ニュース)

 外傷センターはソウル近郊の国軍首都病院(京畿道城南市)に建てられる。446億ウォン(約44億円)の予算が投入され、2020年開院の予定。

 病床数は60床で、応急処置、検査、手術が可能な「ハイブリッド蘇生室」やヘリポートなどが設置される。

 国防部は外傷センターについて「365日、24時間体制で手術に対応可能な専門スタッフと診療チームが常駐する。民間の大学病院との診療協力などを通じて国内最高レベルの診療能力を迅速に確保する方針だ」と説明した。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。