Go to Contents Go to Navigation

アジアパラ大会に向け南北の選手が中国で合同練習へ

記事一覧 2018.09.03 20:27

【ソウル聯合ニュース】10月にジャカルタで開催される障害者スポーツの総合大会、アジアパラ大会(10月6日~13日)に出場する韓国と北朝鮮の選手が合同練習を行う。

3月9日に行われた平昌冬季パラリンピックの開会式に聖火リレーの走者として入場した南北の選手=(聯合ニュース)

 大韓障害者体育会は3日、「南北スポーツ当局会談の後続措置として、南北選手たちの競技力向上とアジアパラ大会への合同参加の基盤を作るため、合同訓練をする」と発表した。

 合同練習に参加するのは卓球、水泳の2競技に参加する選手やコーチ陣など合計16人(南側9人、北側7人)で、3日から6日まで中国・北京で練習を行うという。

 障害者体育会は「今回の合同練習期間に、南北のパラリンピック委員会(NPC)の関係者も参加し、アジアパラ大会の南北選手団合同入場など、合同出場や今後の障害者スポーツ協力などについても議論する計画」と説明した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。