Go to Contents Go to Navigation

韓国当局 黄海で違法操業中の中国漁船を拿捕 

記事一覧 2018.09.04 20:46

【仁川聯合ニュース】韓国の中部地方海洋警察庁の特別警備団は4日、黄海上の南北軍事境界線にあたる北方限界線(NLL)を越えて違法操業した疑いのある中国漁船1隻を拿捕(だほ)したと発表した。

韓国当局が拿捕した中国漁船(特別警備団提供)=(聯合ニュース)

 拿捕された中国漁船はこの日午後0時ごろ、延坪島の南西28キロの海上で、NLLを約8キロ越えて違法操業した疑いを持たれている。

 船内からはワタリガニ300キロ、サザエ10キロなどが発見された。

 特別警備団はこの日、そのほかの中国漁船17隻についても退去を命じたと明らかにした。

 特別警備団は違法操業した経緯などを調査する方針だ。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。