Go to Contents Go to Navigation

韓中日の通信大手3社 5G技術開発・商用化へ協力強化

記事一覧 2018.09.06 13:46

【ソウル聯合ニュース】韓国の通信大手KTは6日、中国と日本の同業大手、チャイナモバイル(中国移動)、NTTドコモと、第5世代移動通信システム(5G)技術の開発やサービスの商用化などに向け、協力を強化することで一致したと発表した。

5G関連の会合に出席したKTとチャイナモバイル、NTTドコモの関係者(KT提供)=(聯合ニュース)

 これら3社は2011年に事業協力契約のSCFA(Strategic Cooperation Framework Agreement)を結んでいる。これに基づく5G関連のワーキンググループの会合が今月5、6の両日、ソウル市内で開かれ、3社の技術開発担当者は▽5G商用化とサービス戦略▽5G特化技術▽車車間・路車間通信(V2X)とモノのインターネット(IoT)活用事例の発掘――などを話し合った

 KTは3社間の協力を強化して5Gの世界市場をリードし、計画通り来年3月に5Gサービスを商用化したい考え。

会合の様子(KT提供)=(聯合ニュース)

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。