Go to Contents Go to Navigation

韓国・エアプサン 名古屋行き臨時便を運航=関西・札幌空港閉鎖で

記事一覧 2018.09.06 15:37

【ソウル聯合ニュース】韓国の格安航空会社(LCC)エアプサンは6日、近畿地方を通過した台風と北海道で発生した地震の影響で関西国際空港と新千歳空港が閉鎖されたことを受け、名古屋行きの臨時便を運航すると明らかにした。

エアプサンの旅客機(資料写真)=(聯合ニュース)

 台風21号による浸水被害で関西国際空港が閉鎖された4日以降、釜山・大邱と大阪を結ぶエアプサン全便の欠航が続いている。

 また、6日未明に北海道で発生した地震により、釜山・大邱と札幌を結ぶ2便が欠航した。

 同社は6日から愛知・中部国際空港への臨時便を運航するほか、旅客機を通常の195席から220席に変更する。

 両空港の復旧には時間を要するとみられることから、エアプサンは大阪と札幌に向かう搭乗客を対象に、航空便の払い戻し・変更手数料を無料にすることを決めた。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。