Go to Contents Go to Navigation

外国人客ら北京から平壌へ続々 北朝鮮の建国記念日控え

記事一覧 2018.09.06 17:01

【北京聯合ニュース】北朝鮮が閲兵式(軍事パレード)など大々的な式典を準備する建国70周年記念日(9月9日)が3日後に迫り、外国の取材記者や旅行客が続々と平壌に向かっている。

北京国際空港の高麗航空チェックインカウンターに並ぶ外国人乗客=6日、北京(聯合ニュース)

 6日、外国から平壌へ向かう経由地となる中国の北京国際空港では、北朝鮮・高麗航空のチェックインカウンターに大勢の外国人客が列をつくった。同日は定期便1便と臨時便2便を合わせ計3便の平壌行き高麗航空便が運航される。

 乗客の大半は建国記念日に合わせたツアーに参加した団体客で、平壌を初めて訪れるという人が多かった。

 オーストラリアからツアーに参加したという旅行客は「軍事パレードやマスゲームを見たいが、実際にどんなスケジュールになるのかはまだ分からない」と話した。別の旅行客は「北朝鮮には一度も行ったことがなく、とても興奮している。どんな様子なのか楽しみだ」と語った。

 建国記念日の行事を取材する海外メディア関係者の姿も目立った。

 北朝鮮を何度か訪問したというある記者は「ひとまず6日から11日まで滞在する日程で取材計画を立てた。査証(ビザ)は発給されたが、まだ北朝鮮側から宿泊所や取材方法などに関する案内はない」と伝えた。

 北朝鮮の最大の友好国である中国も、建国記念日に合わせて官民の団体を平壌に送っている。

 中国共産党は習近平国家主席の特別代表として党序列3位の栗戦書・全国人民代表大会(全人代)常務委員長を8日から平壌に派遣する。これに先立ち、中国の経済貿易団体が6日に先遣隊の形で北朝鮮へ向かった。朝中(中朝)の経済協力を話し合うとみられる。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。