Go to Contents Go to Navigation

韓国与党代表が訪朝推進 南北首脳宣言11周年に合わせ

記事一覧 2018.09.07 09:31

【ソウル聯合ニュース】韓国与党「共に民主党」の李海チャン(イ・ヘチャン)代表が、2007年の2回目の南北首脳会談で出された首脳宣言「10・4共同宣言」の11周年記念式典が北朝鮮で開かれる場合、与野党の国会議員と訪朝する方向で調整を進めている。同党の関係者が7日、明らかにした。

李代表(資料写真)=(聯合ニュース)

李代表(資料写真)=(聯合ニュース)

 同宣言は当時の盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領と金正日(キム・ジョンイル)総書記が07年10月4日に署名したもので、朝鮮戦争の終戦宣言を目指すことなどが盛り込まれている。

 盧氏の側近だった李氏は「盧武鉉財団」の理事長も務めている。

 ただ、同関係者は「実現するかどうかは分からない状況」と述べた。

 記念式典の開催は8月13日に開かれた南北閣僚級会談で韓国側が北朝鮮に要請し、今月5日に文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使団が訪朝した際も北朝鮮側に協力を求めたとされる。

 別の党関係者は「韓国では毎年10・4宣言を記念しているため、南北関係が進展しているだけに、北で開かれればさらなる意味があるのではないかとして(記念式典の)共同開催を提案したが、北側から具体的な返事はない」と述べた。

 李氏は8月末の就任以降、野党4党の代表に対し、複数回にわたり北朝鮮訪問を提案した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。