Go to Contents Go to Navigation

国連事務総長「南北間の努力を評価」 非核化進展に期待感示す 

記事一覧 2018.09.07 10:59

【ニューヨーク聯合ニュース】国連のグテレス事務総長は6日(米東部時間)、声明を通じ、韓国特使団の北朝鮮への派遣などによる北朝鮮の非核化と朝鮮半島の平和に向けた南北間の対話努力を歓迎するとし、18~20日に平壌で開かれる南北首脳会談に対する期待感を示した。ドゥジャリク事務総長報道官が伝えた。

国連のグテレス事務総長=(EPA=聯合ニュース)

 グテレス氏は、今月開催の南北首脳会談で、国連安全保障理事会の対北朝鮮決議に従い朝鮮半島の持続可能な平和と安保、完全で検証可能な非核化に向けたさらなる進展があるよう期待すると強調した。

 また、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が韓国特使団に非核化の意思を改めて表明したことに関し、「朝鮮半島の非核化実現に向けた金委員長の約束を歓迎する」とした。

 金委員長は5日に平壌を訪問した韓国特使団に明確な非核化の意思を示し、「トランプ大統領の1期目任期内に、朝米(米朝)の70年に及ぶ敵対の歴史を清算して関係を改善しながら、非核化を実現したい」と述べたと伝えられた。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。