Go to Contents Go to Navigation

北海道地震 韓国人観光客約500人が避難所に

記事一覧 2018.09.07 14:35

【東京聯合ニュース】在札幌韓国総領事館によると、北海道で6日未明に起きた最大震度7の地震により、7日午前の時点で韓国人観光客およそ500人が避難所に身を寄せている。朴賢圭(パク・ヒョンギュ)総領事は聯合ニュースの取材に、「札幌市の協力を得て約10カ所の避難所に韓国人を案内している」と伝えた。場所別では大通高校に約300人、資生館小学校に約80人、札幌市民交流プラザに約70人など。

札幌市内の陥没した道路=6日、札幌(共同=聯合ニュース)

 この日午前に避難所を訪問したという朴氏は、「(避難者に)非常食や飲料水が提供されており、今朝には電気が復旧したとのことだ。厳しい状況だが、きのうよりは多少ましになったと聞いた」と伝えた。

 北海道には韓国人約4200人が暮らしているとされる。これまでに総領事館に人命被害の報告はないという。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。