Go to Contents Go to Navigation

建国70年軍事パレードにICBMなし 米国に配慮か=北朝鮮

記事一覧 2018.09.09 14:44

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が9日、建国70年を記念して実施した閲兵式(軍事パレード)に大陸間弾道ミサイル(ICBM)は登場しなかった。AFP通信など海外メディアが報じた。

平壌の金日成広場で行われた軍事パレードの様子=9日、平壌(AP=聯合ニュース)

 韓国の情報当局によると、北朝鮮はこの日午前10時ごろから、建国70年を記念する軍事パレードを実施。パレードは午前中で終了した。

 取材のため平壌を訪問している米CNNの記者はツイッターに「パレードは2時間ほど行われた。過去と違ってICBMもなければ、核開発に対する言及もなかった」と書き込んだ。

 北朝鮮はパレードで、ICBMだけではなく、弾道ミサイルを一切公開しなかったとされる。非核化を巡る朝米(米朝)間の交渉が難航する中、米国を刺激することを避けたとみられる。

中国の栗氏(左)と手を取り合って掲げる金正恩氏=9日、平壌(EPA=聯合ニュース)

 一方、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)はひな壇で、中国共産党序列3位の栗戦書・全国人民代表大会(全人代)常務委員長と共に、パレードを観覧した。金委員長は栗氏と手を取り合って掲げ、朝中(中朝)友好をアピールした。

 金委員長はパレードで演説せず、党序列2位の金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長が行った。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。