Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮で5年ぶりマスゲーム 建国記念日に開催

記事一覧 2018.09.10 09:48

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は10日、北朝鮮建国70年記念日の9日に平壌市内の競技場でマスゲーム「輝く祖国」の開幕公演が行われたと報じた。

マスゲームの様子(「朝鮮観光」ホームページより)=(聯合ニュース)

 報道によると、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)、李雪主(リ・ソルジュ)夫人と共に、中国共産党序列3位の栗戦書・全国人民代表大会(全人代)常務委員長、ロシアのナンバー3とされるマトビエンコ上院議長らも公演を観覧した。

 朝鮮中央通信は、公演について「祖国の大変な現実を音楽と舞踊、体操と曲芸、大規模な背景や近代的な照明、舞台装置などの調和により、実感を伴う形で見せてくれた」と紹介した。

 北朝鮮国家観光総局が運営するウェブサイト「朝鮮観光」が公開したマスゲームの予告映像には、伝統舞踊やインラインスケートに乗った子どもたちのパレードなど、一糸乱れぬ群舞とともに、カラフルな照明や映像が浮かび上がる様子が収められている。

 特に舞台で「メディアアート」を積極的に活用する技法は、2013年から公演が行われていたマスゲーム「アリラン」には登場しなかったものだ。

 今月30日まで続くこの公演は、建国70周年を記念して13年9月以来、5年ぶりに開かれた。

 金委員長は今年1月1日の新年の辞で今年の建国記念日を「大きな慶事」として祝うと明らかにしており、今回の公演はこの延長線上で行われたものとみられる。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。