Go to Contents Go to Navigation

米特別代表が来韓 「非核化協議に期待」

記事一覧 2018.09.10 18:55

【仁川聯合ニュース】米国のビーガン北朝鮮担当特別代表が10日、韓国を訪問した。

仁川空港で取材に応じるビーガン氏=10日、仁川(聯合ニュース)

 ビーガン氏はこの日午後、仁川国際空港で記者団に対し、「われわれがどのように非核化を進展させ、朝鮮半島に恒久的な平和をもたらすのかについての協議を非常に楽しみにしている」と表明。「北朝鮮担当特別代表に任命されて、初めての(韓国)訪問」とし、「韓国にまた来ることができうれしい」と述べた。

 ビーガン氏の今回の来韓にはランバート国務省朝鮮部長と国家安全保障会議(NSC)のフッカー朝鮮部長も同行した。

 ビーガン氏はこの日午後、カウンターパートの李度勲(イ・ドフン)朝鮮半島平和交渉本部長と夕食会を行う。11日午前に康京和(カン・ギョンファ)外交部長官を表敬訪問し、李氏と個別会談を行う。

 ビーガン氏は李氏との会談で文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使団の訪朝結果や、最近の朝鮮半島の情勢を巡る情報を共有する一方、今後の非核化や平和体制構築の推進策、韓米の連携などについて協議する。

 南北首脳会談(18~20日)を控えての来韓であることから、両氏は朝鮮半島非核化のための実践的な方策について集中的に協議するとみられる。ビーガン氏がトランプ大統領のメッセージを伝達する可能性もある。 

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。