Go to Contents Go to Navigation

米特別代表 韓国統一相と会談=「未来に向かう道探したい」

記事一覧 2018.09.11 16:56

【ソウル聯合ニュース】米国のビーガン北朝鮮担当特別代表は11日、政府ソウル庁舎で韓国統一部の趙明均(チョ・ミョンギュン)長官と会談した。

握手を交わす趙氏(左)とビーガン氏=11日、ソウル(聯合ニュース)

 8月末に就任したビーガン氏は韓中日の歴訪のため、10日に韓国を訪問。11日午前には韓国外交部の康京和(カン・ギョンファ)長官、李度勲(イ・ドフン)朝鮮半島平和交渉本部長とそれぞれ会談した。

 趙氏はビーガン氏に対し、「今はいつにも増して協力が重要な時期」と強調。ビーガン氏は「南北協力を前倒しするための統一部の計画を聞きたい」として、「未来に向かう道を一緒に探し、南北関係を深める方法を考えなければならない」と述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。