Go to Contents Go to Navigation

米特別代表 再訪韓を検討=韓国外交部

記事一覧 2018.09.11 16:58

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の魯圭悳(ノ・ギュドク)報道官は11日の定例会見で、来韓している米国のビーガン北朝鮮担当特別代表が中国、日本を訪れた後、再び韓国を訪問する計画を検討していると明らかにした。

会談を終えた李氏(左)とビーガン氏=11日、ソウル(聯合ニュース)

 8月末に就任したビーガン氏は韓中日の歴訪のため、10日に韓国を訪問。11日午前に外交部の康京和(カン・ギョンファ)長官、李度勲(イ・ドフン)朝鮮半島平和交渉本部長とそれぞれ会談した。

 魯氏は「ビーガン氏が3カ国で協議した内容などを李氏と共有し、整理することが必要だと判断し、再び来韓することを検討している」と説明した。ビーガン氏は康氏との会談で韓国を再訪問する意思を伝えたようだ。

 ビーガン氏の具体的な日程は確認されていないが、米国務省は同氏が10~15日に3カ国を訪問すると発表しており、15~16日に韓国を再訪問するとみられる。

 ビーガン氏は米政府で北朝鮮との交渉を担う人物のため、南北軍事境界線がある板門店で北朝鮮側と接触する可能性にも関心が集まっている。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。