Go to Contents Go to Navigation

低下続いた文大統領の支持率 53.7%に小幅上昇

記事一覧 2018.09.13 11:09

【ソウル聯合ニュース】韓国の世論調査会社リアルメーターが13日に発表した調査結果によると、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率は53.7%で、前週から0.2ポイント上がった。支持率低下が続き就任後最低を更新していたが、連続下落は5週でストップした。ただ、不支持率も40.7%と小幅上昇した。

文大統領の支持率と不支持率の推移(リアルメーター提供)=(聯合ニュース)

 調査は10~12日、全国の成人1502人を対象に実施された。リアルメーターは支持率の上昇について「5日の特使団訪朝、(文政権下での)3回目南北首脳会談の開催決定、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が朝米(米朝)首脳会談を要請したというニュースが続き、朝鮮半島の非核化と平和定着への期待感が少しずつ高まっているためのようだ」と分析した。

 政党支持率は、与党「共に民主党」が前週より0.3ポイント高い40.3%で、下落は2週連続で止まった。最大野党「自由韓国党」は0.2ポイント上昇の19.7%、少数野党の「正義党」は0.9ポイントの伸びとなる10.8%。野党第2党「正しい未来党」は0.7ポイント下落の6.8%だった。

前週と比較した政党支持率。左から、共に民主党、自由韓国党、正義党、正しい未来党、民主平和党、その他政党、無党派層(リアルメーター提供)=(聯合ニュース)

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。