Go to Contents Go to Navigation

アシアナ航空 ソウル―大阪便の運航を部分再開へ 

記事一覧 2018.09.13 14:23

【ソウル聯合ニュース】韓国のアシアナ航空は13日、日本に上陸した台風21号の影響で欠航していた韓国のソウル(金浦・仁川)と大阪を結ぶ便の運航を一部再開すると発表した。

アシアナ航空の旅客機(資料写真)=(聯合ニュース)

 台風の影響で4日から閉鎖されていた関西国際空港の国内線は7日に運航が再開されたが、主に国際線が発着する第1ターミナルは設備の浸水被害で閉鎖が続いている。

 同ターミナルの設備復旧が一部完了したことから、関空は14日から既存運航便の40%まで離着陸を許可すると発表。これにより、アシアナ航空も金浦・仁川―大阪線の運航を部分的に再開することになった。20日までの1週間に往復16便を運航する予定だ。21日以降のスケジュールは追って公表する。

 アシアナ航空の関係者は「現地の状況が変動する可能性が高いため、搭乗前にホームページ(www.flyasiana.com)で運航スケジュールを確認してほしい」と呼び掛けている。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。