Go to Contents Go to Navigation

住宅価格高騰で規制対策発表 不動産税引き上げなど=韓国

記事一覧 2018.09.13 18:38

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は13日、ソウルや首都圏などで住宅価格が急騰していることを受け、総合不動産税の最高税率を1.2ポイント引き上げ、課税対象も大幅に拡大するなどの内容を盛り込んだ「住宅市場安定方案」を発表した。

住宅市場安定方案を発表する金東ヨン(キム・ドンヨン)経済副首相兼企画財政部長官=13日、ソウル(聯合ニュース)

 韓国政府は昨年8月、不動産取引を規制する対策を発表したが、この1年間のソウルの住宅価格の上昇率が16.4%に達するなど、住宅価格の高騰が続いている。

 今回発表した対策ではソウル全域など全国43カ所の規制地域で総合不動産税の税率を最高で3.2%まで引き上げる。また、3戸以上の住宅所有者の税率を最高で1.2ポイント引き上げ、規制地域の2戸以上の住宅所有者への税率も上げる。

 また、規制地域では2戸以上の住宅所有者に対する住宅担保融資を禁止するなど、市場の予想を上回る強力な融資規制も発表された。1戸所有者に対する住宅担保融資も禁止されるが、引っ越しなどの場合は2年以内に既存の住宅を売却する条件で認められる。

 規制地域で9億ウォン(約9000万円)を超える高額住宅を購入する場合は住宅を所有していない人に対しても実際に居住しなければ融資を禁じる。投機の主犯とされている住宅賃貸事業者への融資規制も強化する。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。