Go to Contents Go to Navigation

南北首脳 18日の昼食会後に会談=19日も

記事一覧 2018.09.17 11:45

【ソウル聯合ニュース】韓国の任鍾ソク(イム・ジョンソク)大統領秘書室長は17日、北朝鮮・平壌で18~20日に予定する南北首脳会談について、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が18日に昼食会を行った後、首脳会談を開くとの見通しを示した。ソウルの東大門デザインプラザ(DDP)に設置された南北首脳会談のプレスセンターで会見した。

文大統領(左)と金委員長(コラージュ)=(聯合ニュース)

 文大統領は18日午前8時40分、京畿道・城南のソウル空港(軍用空港)を出発し、午前10時ごろ、平壌に到着する予定という。

 任氏はまた、南北首脳は19日に2度目の会談を行い、報道発表をするとみられるとし、南北の武力衝突防止で合意することを期待していると述べた。

 文大統領は最終日の20日、空港での歓送行事の後、午前にソウルへ向かう予定だという。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。