Go to Contents Go to Navigation

南北首脳会談 「朝米対話再開されれば大きな意味」=文大統領 

記事一覧 2018.09.18 09:33

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は18日午前、今年3回目となる北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)との首脳会談に出席するため、専用機で京畿道・城南のソウル空港(軍用空港)を出発した。午前10時ごろ、北朝鮮・平壌の空港に到着する予定だ。南北首脳会談は18~20日に開かれる。

ソウル空港を出発する文大統領夫妻=18日、城南(聯合ニュース)

 青瓦台(大統領府)の尹永燦(ユン・ヨンチャン)国民疎通首席秘書官はソウル市内に設けられたプレスセンターで行った記者会見で、文大統領が出発前、「南北が頻繁に会うことが極めて重要で、必要なときにいつでも会う関係になっている」として、「今回の訪朝で朝米(米朝)対話が再開されれば大きな意味がある」と述べたと伝えた。

 尹氏は「われわれは戦争の恐怖の日常化から平和の制度化に転換している」とし、「われわれが得ようとしているのは平和で、不可逆的かつ恒久的な平和」と表明。「新しい宣言や合意を望むのではなく、合意に基づき新しい時代に向かって進むこと」と述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。