Go to Contents Go to Navigation

韓日国税庁トップが会談 両国の協力強化策協議

記事一覧 2018.09.18 16:39

【世宗聯合ニュース】韓国国税庁トップの韓昇熙(ハン・スンヒ)庁長は18日、日本国税庁の藤井健志長官とソウルで会談し、両国の協力強化策について意見を交わしたと明らかにした。

ソウル地方国税庁(資料写真)=(聯合ニュース)

 双方は今月から始まった両国間の金融口座情報の自動交換により、情報協力がさらに強化されることを確認した。両国の税務当局は、多国間金融情報交換規定により今月から口座保有者の氏名、口座番号、所得金額などの金融情報を交換している。

 会談ではこのほか、国税相談センターの運営状況や非居住者の国内不動産譲渡税源の管理状況などについて話し合われた。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。