Go to Contents Go to Navigation

南北首脳 史上初めて「聖山」白頭山を訪問

記事一覧 2018.09.20 11:54

【平壌(共同取材団)、ソウル聯合ニュース】韓国の青瓦台(大統領府)は20日午前、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が朝鮮半島最高峰の「聖山」、白頭山に到着したと明らかにした。南北首脳が同山を訪問するのは初めて。

白頭山に向かうため平壌の空港を出発する文大統領夫妻(写真共同取材団)=20日、平壌(聯合ニュース)

 白頭山(標高2744メートル)は北朝鮮北部の中国との国境にある。青瓦台によると、文大統領は同日午前7時半ごろ、平壌の空港から韓国空軍機に乗り白頭山最寄りの三池淵空港まで移動した。空港では金委員長夫妻が出迎えた。

 両首脳夫妻は車両で白頭山頂上の将軍峰に移動。ケーブルカーに乗って午前10時20分ごろ、頂上付近にある火口湖・天池に到着した。両首脳夫妻は散策をした。

 また、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官らが同行したという。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。