Go to Contents Go to Navigation

金委員長 早期にトランプ氏との2回目会談希望=文大統領

記事一覧 2018.09.20 19:21

【ソウル聯合ニュース】訪朝を終えた韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は20日午後、ソウルの東大門デザインプラザ(DDP)に設置されたプレスセンターを訪問し、3日間の訪朝結果を説明する国民向け報告を行った。文大統領は北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が非核化プロセスの迅速な進展のため、ポンペオ米国務長官の訪朝やトランプ米大統領との2回目の首脳会談の早期開催を希望するとの意向を表明したと述べた。

国民向け報告を行う文大統領=20日、ソウル(聯合ニュース)

 文大統領は「北がわれわれと非核化の具体的な方法について真摯(しんし)に議論したことは、かつてと大きく異なる姿」として、「朝米対話が順調ではなく、朝米対話の進展が南北関係の発展に密接に関わるという認識を共にし、北もわれわれに朝米対話の仲介を要請する一方、完全な非核化のため緊密に協力することを提案した」と説明。「米国はこうした北の意志や立場を易地思之(相手の立場で考えること)し、北との対話を早期に再開することを望む」とし、「今回の南北会談により、朝米対話が再開される環境が整ったと思う」と強調した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。