Go to Contents Go to Navigation

ポータルサイト 7割超がネイバー利用=韓国 

記事一覧 2018.09.25 15:00

【ソウル聯合ニュース】韓国人が最もよく利用するポータルサイトはNAVER(ネイバー)で7割以上を占めており、ダウムとグーグルの利用者は合計で約25%との調査結果がこのほど発表された。

韓国のポータルサイト(コラージュ)=(聯合ニュース)

 調査会社・DMCメディアが1000人を対象に最近1カ月のポータルサイトの利用状況を調査した結果、71.5%がネイバーを利用していることが分かった。ダウムは16.3%、グーグルは8.3%だった。

 ただネイバーを利用している人の11.9%はダウムに、11.5%はグーグルに今後変えることを検討していることが分かった。

 サイトごとの満足度では、ネイバーはコンテンツ・サービスの多様性(70.5%)と安定性(73.6%)でほかのポータルサイトより満足度が高く、利便性(75.1%)と周りの評判(47.9%)などが比較的低かった。

 ダウムは大衆性(65.3%)とサイト・サービスの速度(75.0%)で、グーグルは周りの評判(51.3%)と利便性(77.6%)、セキュリティーの安定性(72.4%)で比較的満足度が高かった。

 調査対象者全体がポータルサイトを使う1日の平均時間は89.8分だった。最も多く使うサービス(複数回答)は検索(72.4%)で、ニュース閲覧(66.1%)、電子メール(42.5%)、ブログ(30.0%)、ショッピング(29.3%)と続いた。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。