Go to Contents Go to Navigation

文大統領「幸せになれるとの希望を」 中秋節あいさつ 

記事一覧 2018.09.23 14:52

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は23日、秋夕(中秋節、今年は9月24日)に合わせ、「今年は少なくともわれわれがさらに幸せになれるとの希望を持ってほしい」とする国民向けメッセージを交流サイト(SNS)を通じ発表した。

国民向け会見を行う文大統領(資料写真)=(聯合ニュース)

 文大統領は「平壌(での南北首脳)会談によって、戦争の懸念をなくし、南と北が頻繁に会える道を開いた。われわれは共に進んでこそ、力が出てくる民族だ」とつづった。

 また、「今回の連休期間に国連総会に出席し、戦争のない朝鮮半島の始まりを世界に知らせ、われわれの平和がしっかりと定着するようトランプ米大統領と協議する」と説明した。

 文大統領は第73回国連総会に出席するため23日から27日まで3泊5日の日程で米ニューヨークを訪問する。同地でトランプ大統領と5月末以来、4カ月ぶりとなる韓米首脳会談を行い、北朝鮮・平壌で開かれた今年3回目の南北首脳会談の結果を基に非核化問題について議論する予定。

csi@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。