Go to Contents Go to Navigation

文大統領「金委員長が早期の非核化完了を希望」

記事一覧 2018.09.25 05:50

【ニューヨーク聯合ニュース】国連総会に出席するためニューヨークを訪問している韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は24日午後(日本時間25日未明)、トランプ米大統領と会談した。

首脳会談を行う文大統領とトランプ大統領=24日、ニューヨーク(聯合ニュース)

 文大統領は北朝鮮・平壌で18~20日に行われた南北首脳会談に触れ、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)がトランプ大統領に対する変わらぬ信頼と期待を示したとした上で、「金委員長はトランプ大統領だけが非核化問題を解決できるため早期に会談し、非核化を速やかに完了させたいと明らかにした」と伝えた。

 また、「北の核放棄は北内部でも後戻りできないほど公式化された」と強調。「トランプ大統領の声援のおかげで平壌に行ってきた。金委員長からトランプ大統領へのメッセージもあった」と述べた。

 文大統領は「平壌から戻ってすぐにトランプ大統領と会って金委員長との会談の内容を共有できうれしい。朝鮮半島の完全な非核化と平和構築、朝米(米朝)間の対話、2回目の朝米首脳会談に役立つことを期待している」と語った。

 続けて「トランプ大統領の大胆な決断と新たなアプローチにより、数十年にわたり誰も解決できなかった問題が解決されることに感謝する」とした上で、「(2回目の)朝米首脳会談の早期開催と成功を願う」と述べた。

 トランプ大統領は金委員長について、とても開放的で立派だったと評価しながら、金委員長との2回目の首脳会談開催を近いうちに発表できるだろうとの見通しを示した。会談の開催場所はシンガポール以外になるとした。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。