Go to Contents Go to Navigation

韓米FTA改定協定文に署名 文大統領「安定的な経済活動可能に」

記事一覧 2018.09.25 09:37

【ニューヨーク聯合ニュース】ニューヨークを訪問している韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は24日午後(日本時間25日未明)、トランプ米大統領と会談し、韓米自由貿易協定(FTA)改定協定文にそろって署名した。文大統領は「今日、われわれはこの協定をよりよい協定に改定することになった」としながら、「改定交渉が迅速に終了して韓米FTAの不確実性が取り除かれ、両国の企業がより安定的な条件で経済活動を行えるようになった」と述べた。

韓米首脳会談を終えて会見を行う両首脳=24日、ニューヨーク(聯合ニュース)

 また、韓米両国は堅固な韓米同盟を基に世界に例のない強固な友好関係を結んでいるとしながら、「韓米FTA協定は韓米同盟を経済領域に拡大する意味がある」と強調した。

 さらに、両国の経済協力関係が自由で公正かつ互恵的な方向に発展することに期待を示し、両国が改定協定の精神を生かして相互投資を拡大することで雇用を創出し、よりよい未来を開くことができると評価した。

 文大統領は「韓米FTA交渉により、他の分野の協力も強固になることを期待する」と述べ、トランプ氏と両国の交渉団に対して謝意を表明した。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。