Go to Contents Go to Navigation

韓国・釜山大 鳩山元首相に名誉博士号を授与へ

記事一覧 2018.09.27 10:59

【釜山聯合ニュース】韓国・釜山大は27日、日本の鳩山由紀夫元首相に名誉博士号(政治学)を授与すると発表した。学位授与式は来月2日午後、同大本館で開かれる。

鳩山由紀夫元首相(釜山大提供)=(聯合ニュース)

 鳩山氏は「友愛」精神を基に東アジア共同体の繁栄を提唱した代表的な「知韓派」政治家で、第93代内閣総理大臣を務めた。

 首相退任後は安倍晋三首相の靖国神社参拝を強く批判し、日本政府は慰安婦被害者に賠償するべきだと主張してきた。

 日本による植民地時代に抗日独立運動家らが投獄されていたソウル市内の西大門刑務所歴史館(旧刑務所跡)を2015年に訪れた際には、追悼碑の前でひざまずいて合掌したことで話題となった。

 全虎煥(チョン・ホファン)釜山大総長は「鳩山元首相は韓国に対する見識が広く、植民地の歴史問題についても日本が過去を美化してはならないという立場を示してきた代表的な知韓派政治家だ」とし、「今後東アジアの繁栄と韓日両国の関係発展に寄与されることを期待する」と学位授与の趣旨を説明した。

 鳩山氏は学位授与式の後、「アジアの平和と東アジアの共同体構築」をテーマに特別講演を行う予定だ。

 また、その前日には朝鮮戦争の犠牲兵らが眠る釜山の国連記念公園を訪問する。3日には南部・慶尚南道陜川郡にある原爆被爆者養護施設「陜川原爆被害者福祉会館」を訪れ、被害者を追悼する計画だ。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。