Go to Contents Go to Navigation

[韓流]チョ・インソン主演映画「安市城」 興行首位維持

記事一覧 2018.09.28 11:51

【ソウル聯合ニュース】今月19日に封切られたチョ・インソン主演の韓国映画「安市城」(以下、原題)が秋夕(中秋節、今年は9月24日)の連休後も興行1位の座を守り続けている。

ソウル市内の映画館で「安市城」のポスターを撮影する観客=26日、ソウル(聯合ニュース)

 韓国映画振興委員会の統計によると、同作は27日に観客16万3302人を動員し、興行トップを占めた。観客動員数の累計は371万4121人となった。

 映画チケット予約の順位でも1位を記録し、今週末も異変がなければトップを維持するとみられる。

 ヒョンビン、ソン・イェジン主演の「交渉」は6万2367人を動員し2位を記録した。累計観客動員数は137万4758人。

映画「交渉」(CJエンタテインメント提供)=(聯合ニュース)

 3位はチョ・スンウ、チソン主演の「明堂」で観客数は5万4668人だった。秋夕の連休後に勢いが衰えており、「交渉」に押された。観客数の累計は172万8536人となった。

 26日に封切られたマ・ドンソク、キム・ヨングァン主演の「ワンダフルゴースト」は3万5734人を動員し4位だった。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。