Go to Contents Go to Navigation

韓国・朝鮮大で韓日法学会共同シンポ 初の地方都市開催

記事一覧 2018.10.01 19:29

【光州聯合ニュース】韓国南東部・光州の朝鮮大で先月29日、第12回韓日法学会・日韓法学会・韓国経済法学会の共同シンポジウムが開催された。朝鮮大が1日伝えた。

朝鮮大法学部(同大提供)=(聯合ニュース)

 シンポジウムは朝鮮大法学研究院が主管し、韓日両国の会社法改正の動向や対応策をテーマに開催された。

 朝鮮大の姜東完(カン・ドンワン)総長、韓日法学会の洪復基(ホン・ボクギ)会長、韓国経済法学会のイ・ギジョン会長、白鴎大の奥島孝康学長などが参加した。

 共同シンポジウムはこれまで約20年にわたり、韓国の延世大、高麗大、日本の早稲田大、慶応大の4大学の法学者が開催してきた。韓国では常にソウルで開催されていたが、今年は初めて地方都市で開かれた。 

 姜学長は「両国のすべての大学と法学の専門家が参加するグローバルな学会に成長・発展することを期待する」と話した。 

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。