Go to Contents Go to Navigation

福島第1原発処理水の海洋放出検討 日本に「憂慮伝える」=韓国政府

記事一覧 2018.10.02 18:07

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の当局者は2日、日本政府が福島第1原子力発電所の汚染水を浄化した後に海に放出することを検討しているとの国内外の報道について、記者団に「隣国の韓国は利害当事者として憂慮することになる」と述べた。また「適切な機会に日本の福島第1原発処理水の海洋放出検討とそれによる影響について隣国としての憂慮を伝え、これを解消するための協力策を講じていく予定だ」と言い添えた。

福島第1原発の汚染水を貯蔵したタンク(資料写真)=(聯合ニュース)

 これに先立ち、李洛淵(イ・ナクヨン)首相は同日の閣議で、海洋放出の検討について「深刻な憂慮」を表明した。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。