Go to Contents Go to Navigation

インドネシア地震で救援隊派遣へ 8日ごろ被災地入り=韓国

記事一覧 2018.10.03 11:38

【インドネシア聯合ニュース】インドネシア・スラウェシ島で28日(現地時間)発生した地震を受け、救援隊と物資を載せた韓国空軍の輸送機が8日ごろ被災地のパルに到着することが分かった。インドネシア軍と現地空港関係者が3日、伝えた。

倒壊した建物のがれきが散乱する被災地(現地在住韓国人提供)=(聯合ニュース)

 インドネシア政府は韓国政府の提案を受け入れ、現地空港への輸送機の着陸を許可することを決めた。

 両国は当初、4日に輸送機を受け入れる方向で話し合っていたが、台風など気象条件を考慮して到着日を暫定的に8日に決めたようだ。

 今回の大地震と津波で大きな被害が発生したことに対し、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は先月30日、インドネシアのジョコ大統領にお見舞いのメッセージを送った。

 また、韓国政府は今回の災害について100万ドル(約1億1300万円)相当の人道的支援を提供すると発表し、海外緊急救援隊の派遣を検討してきた。

 パル地域ではいまだに海外からの救援隊派遣や支援物資の搬入が行われていないという。

 今回の地震の死者は1234人に上り、今後さらに増えるとみられている。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。