Go to Contents Go to Navigation

韓国の格付け S&Pが「AA」に据え置き

記事一覧 2018.10.03 14:44

【ソウル聯合ニュース】米格付け大手のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は2日(現地時間)、韓国の国債格付けを最上位から3番目の「AA」に据え置くと発表した。見通しも「安定的」に据え置いた。韓国企画財政部が3日、明らかにした。

S&Pが韓国の格付けを据え置いた(コラージュ)=(聯合ニュース)

 S&Pは「南北、朝米(米朝)の関係改善に伴い、朝鮮半島内の緊張が緩和する傾向にある」とし、「北朝鮮が安保の脅威となる潜在的な可能性は、引き続き格上げの制約要因として作用しているが、北朝鮮が相当なレベルの経済自由化を進展させた場合、地政学的な危険も減少する」と見通した。

 S&Pは、韓国の国債格付けを2016年8月の「AAマイナス」から「AA」に1段階引き上げてから2年以上据え置いている。

 これに先立ち、米格付け大手のムーディーズ・インベスターズ・サービスは韓国の国債格付けを最上位から3番目の「Aa2」とし、フィッチ・レーティングスは同4番目の「AAマイナス」と評価した。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。