Go to Contents Go to Navigation

釜山映画祭主催側が國村隼さんに謝罪 政治的質問で誤解招いた

記事一覧 2018.10.07 14:43

【釜山聯合ニュース】4日に開幕した釜山国際映画祭の主催側は7日、「俳優、國村隼さんへの敏感な韓日問題に関する質問により、さまざまな誤解と憶測が広がっている。記者会見を準備した映画祭の立場から、こうした問題が発生したことを謝罪する」との声明を発表した。

5日の記者会見に出席した國村隼さん=(聯合ニュース)

 國村さんはニューカレンツ部門の審査委員として参加した5日の会見で、「海上自衛隊が旭日旗(自衛隊旗)を掲揚して韓国海軍の国際観艦式の海上パレードに参加することをどう思うか」との質問を受け、「個人的には望ましくないと考える」と答えた。

 映画祭側は「映画祭で政治的意見が出ることはあり得るが、敏感な問題についてはゲストを保護する必要があると考える」とし、「数十時間の討論が必要な問題に対し、記者会見での短い質疑応答ではその意味を十分に伝えきれない」とした。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。