Go to Contents Go to Navigation

米国務長官の訪朝で成果 米朝首脳再会談「近いうちに」=韓国高官 

記事一覧 2018.10.08 09:39

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長(閣僚級)は8日、政府・与党・青瓦台の会議で、ポンペオ米国務長官による7日の北朝鮮・平壌訪問で「多くの成果があったことが確認された」と述べ、「2回目の朝米(米朝)首脳会談も近いうちに開催され、朝鮮半島の非核化を巡る交渉プロセスに一段と弾みがつくだろう」との見通しを示した。

会議で発言する鄭義溶氏=8日、ソウル(聯合ニュース)

 ポンペオ氏は平壌で金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)と会談した。青瓦台によると、訪朝後にソウル入りしたポンペオ氏は文在寅(ムン・ジェイン)大統領を表敬した席で、2回目の朝米首脳会談をできるだけ早期に開催することで金委員長と一致したと説明した。

 鄭氏はあわせて、「(9月の)平壌での南北首脳会談で合意した通り、金正恩委員長の年内のソウル訪問が実現するよう最善を尽くす」と強調。また、党、内閣と引き続き緊密に協力し、朝鮮半島非核化と朝鮮半島の平和定着が早期に実現するよう尽力するとした。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。