Go to Contents Go to Navigation

近く正恩氏訪ロ・習氏訪朝 日朝首脳会談の可能性も=文大統領

記事一覧 2018.10.08 11:42

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は8日の閣議で、ポンペオ米国務長官の訪朝により2回目の朝米(米朝)首脳会談が早期に開催される環境が整ったとして、「近く(北朝鮮の)金正恩(キム・ジョンウン)委員長のロシア訪問や(中国の)習近平主席の北への訪問が行われる見通しで、朝日(日朝)首脳会談の可能性も開かれている」と述べ、「まさに朝鮮半島に新しい秩序がつくられている」と強調した。

閣議で発言する文大統領=8日、ソウル(聯合ニュース)

 文大統領は7日に訪朝を終えたポンペオ氏と面会し、同氏から報告を受けたことに言及し、「2回目の朝米首脳会談ができるだけ早期に開催され、朝鮮半島の非核化や平和プロセスに大きな進展があるよう、韓米の緊密な協力に最善を尽くしてほしい」と指示。「朝鮮半島の新しい秩序は北東アジアの新しい秩序につながる」として、「そのすべてのプロセスが朝鮮半島の完全な非核化や恒久的な平和体制構築に必要な過程」と強調した。

 また、「地球上に残る最後の冷戦体制を解体できるよう米国以外の関連国と協力していくことにも積極的に努力しなければならない」として、「このプロセスが順調に進み、われわれが主導的な役割を果たせるよう、政界や国民も政府に協力してほしい」と呼びかけた。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。