Go to Contents Go to Navigation

平昌冬季五輪の黒字62億円超 IOCに最終報告=五輪組織委

記事一覧 2018.10.09 10:28

【ソウル聯合ニュース】今年2月に韓国・江原道の平昌などで開催された平昌冬季五輪の組織委員長を務めた李熙範(イ・ヒボム)氏は9日(日本時間)、アルゼンチン・ブエノスアイレスで開かれた国際オリンピック委員会(IOC)総会で、平昌冬季五輪の成果と収支、五輪後の管理に関する最終報告を行った。

IOC総会で最終報告を行う李熙範委員長(平昌冬季五輪組織委員会提供)=(聯合ニュース)

 李委員長は2~3月の平昌冬季五輪・パラリンピックについて、「IOCと(韓国)政府の支援、積極的な寄付、スポンサー企業の誘致、支出の効率化により、現在までに最低5500万ドル(約62億2000万円)の黒字を達成した」とし、「最小の費用で最大の効果を上げて経済オリンピックを実現した」と強調した。

 また「平昌五輪は財政面で当初2億6600万ドルの赤字になるとされていたが、懸念を払拭(ふっしょく)した」と述べた。

 組織委員会は、剰余金でスポーツ振興と発展のための平昌冬季五輪記念財団を設立するとし、政府と江原道、組織委員会が財団の事業内容を協議中だと発表した。

 またIOCに対し、平昌五輪の競技が行われた12の競技場はスポーツイベントに使用する予定で、活用計画を確定できていない競技場は政府と江原道が管理・運営費の負担比率などを調整中だと説明した。

 このほか2022年に北京冬季五輪を控え、競技場を練習場として活用するよう国際スポーツ連盟と積極的に協議を進めるとした。

組織委員会がIOCに報告した資料=(聯合ニュース)

 IOCのバッハ会長は「平昌五輪組織委員会が全ての面で大変成功裏に五輪を開催したことを心からお祝いする」とし、「IOCはこのような偉大な業績を認め、韓国のスポーツの発展のためにIOC分の剰余金を平昌に寄付する」と明らかにした。

 剰余金はIOCと大韓体育会(韓国オリンピック委員会)、江原道が署名した「開催都市協約書」に従い、IOCと大韓体育会に各20%が入る。残りの60%は組織委員会が大韓体育会と協議し、スポーツ振興のために使用する。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。