Go to Contents Go to Navigation

南北首脳会談宣言 「スピード感持って履行」=韓国統一部

記事一覧 2018.10.11 10:30

【ソウル聯合ニュース】韓国の統一部は11日、国会の国政監査で業務報告を行い、4月と9月の南北首脳会談での合意事項をスピード感を持って履行し、「南北関係を新しい高い段階に飛躍させる」との姿勢を強調した。

統一部の趙明均(チョ・ミョンギュン)長官(資料写真)=(聯合ニュース)

 また、南北高官級会談などを開催し、合意事項の詳細を具体化すると説明。南北軍事共同委員会の構成や南北共同連絡事務所を通じた協議の活性化など、北朝鮮との対話を日常的に行う方針を示した。

 北朝鮮の動向に関しては、「軍事行動を自粛し、経済に力を集中している」として、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が「新年の辞」で取り上げた▼元山葛麻海岸観光地区▼三池淵郡整備▼端川発電所▼黄海南道水路工事――の「重要対象」に人や物資を投入していると分析した。

 経済状況については中国との貿易額が前年比(8月末時点)で57.5%減少するなど、対外貿易が減り、産業生産にも支障が出ているとした。

 ただ、コメの価格や原油価格などの市場物価や為替レートは大きな変動なく、安定していると明らかにした。

 一方、今年1~9月に韓国入りした北朝鮮脱出住民(脱北者)は808人で、前年同期比8.1%減少したと報告。2012年の金正恩政権発足以降、韓国に入国した脱北者は年1000~1500人の水準を維持していると説明した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。