Go to Contents Go to Navigation

[韓流]コン・ユ 新作映画で2年ぶり主演へ

記事一覧 2018.10.11 10:42

【ソウル聯合ニュース】韓国の俳優、コン・ユが映画「徐福」(原題)の主役に抜擢されたことが分かった。映画製作・配給会社のCJエンターテインメントが11日、伝えた。

コン・ユ(CJエンターテインメント提供)=(聯合ニュース)

 同作は映画「建築学概論」のイ・ヨンジュ監督の6年ぶりの新作で、中国・秦の始皇帝に仕えた徐福が不死の薬を求めて旅立った伝説をモチーフにした作品。コン・ユは大ヒットドラマ「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」以来2年ぶりの出演作となる。

 映画では、死を目前にした元情報局要員と永遠の命を持つ人類初のクローン人間「徐福」が、さまざまな勢力の追跡から共に逃れる中で起こるドラマを描く。コン・ユは余命宣告を受けた元情報局刑事、ギホン役を演じる。

 「徐福」はキャスティングを終えた後、来年上半期に撮影に入る予定だ。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。