Go to Contents Go to Navigation

[韓流]映画「暗数殺人」が興行首位 300万人動員目前に

記事一覧 2018.10.15 13:53

【ソウル聯合ニュース】今月3日に封切られた韓国映画「暗数殺人」(原題)が、5日連続で興行1位を記録した。

「暗数殺人」のポスター(配給会社提供)=(聯合ニュース)

 韓国映画振興委員会の統計によると、同作は週末の13、14両日に計43万2060人を動員した。累計観客動員数は283万3708人で、300万人突破目前となった。

 「暗数殺人」は収監された殺人犯によるさらなる連続殺人の自白を信じ、暗数殺人(被害届が出されず、公式の統計に含まれない殺人事件)を暴く刑事の執念を描いた作品。殺人犯役を俳優のチュ・ジフン、刑事役をキム・ユンソクが演じた。

 2位は同日封切りの米マーベルの新作「ヴェノム」で、累計観客動員数は324万9293人。

 3位は女優ハン・ジミン主演の「ミス・ベク」(原題)、4位は米人気歌手のレディー・ガガ主演の「アリー スター誕生」、5位は俳優のチョ・インソン主演の「安市城」(同)だった。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。