Go to Contents Go to Navigation

板門店JSAの非武装化へ 南北と国連軍司令部が3者協議

記事一覧 2018.10.16 09:16

【ソウル聯合ニュース】韓国と北朝鮮、在韓国連軍司令部は16日午前10時から南北軍事境界線がある板門店で、板門店の共同警備区域(JSA)の非武装化に向けた3者協議体の初会合を開く。韓国国防部が伝えた。

韓国と北朝鮮、在韓国連軍司令部がJSAの非武装化を協議する会合を開く(コラージュ)=(聯合ニュース)

 3者協議体は、20日までに完了するJSAの地雷撤去作業について確認し、この先1カ月以内にJSA非武装化の措置を終えたい考え。見張り所(GP)の兵力と火器の撤収、互いを監視する装備に関する調整と関連情報の共有、非武装化措置の相互検証など、詳細な手順も協議する。

 会合には韓国国防部のチョ・ヨングン北朝鮮政策課長、北朝鮮のオム・チャンナム大佐、国連軍司令部軍事停戦委員会のハミルトン大佐をはじめ、3人ずつ出席する。国防部によると、会合は非公開で行われる予定だ。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。