Go to Contents Go to Navigation

韓国MCMと東レ エアフィルター製造・販売で合弁会社設立

記事一覧 2018.10.16 13:00

【ソウル聯合ニュース】韓国生活家電メーカー、清湖ナイスのグループ会社のMCMと先端素材大手の東レ(東京・中央区)は16日、エアフィルターの研究と製造、販売を目的に合弁会社を設立し、中部の忠清北道・鎮川で15日に設立記念式を行ったと発表した。

設立記念式の様子(清湖ナイス提供)=(聯合ニュース)

 合弁会社の名称は「M&Tエンジニアリング(M&TE)」で、同社はMCMの営業、生産技術、自動化ノウハウと東レのフィルター開発技術力、原材料生産能力の融合によるシナジー効果の創出に期待している。

 M&TEは家庭用空気清浄機のフィルターのほか、自動車用フィルターや産業用エアフィルターの開発・生産まで領域を広げる計画だ。

 資本金は60億ウォン(約6億円)で、出資比率はMCMと東レが6対4、合弁期間は20年。社長には清湖グループのキム・ジンス常務取締役が就任する。

 キム社長は「グローバルスタンダードシステムを融合させ、世界最高の競争力を備えた製品の生産を成し遂げる」とし、「社員の力を向上させられる技術力中心の会社として集中的に育成したい」と抱負を述べた。

 2009年に設立されたMCMは、浄水器や冷蔵庫用の浄水フィルターなどを生産しており、17年の売上高は463億ウォン。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。