Go to Contents Go to Navigation

韓国軍合同参謀本部「海上境界線のNLLを死守する」

記事一覧 2018.10.16 14:11

【ソウル聯合ニュース】韓国軍合同参謀本部のノ・ジェチョン広報室長は16日の定例会見で、黄海上の南北軍事境界線にあたる北方限界線(NLL)について、「北がどのように主張しようと、黄海のNLLはわれら戦友が血をもって守ってきた実質的な海上境界線」と述べた。また、「わが軍はゆるぎなく、わずかのすきもなく、完全に死守する」と強調した。北朝鮮はNLLそのものを認めず、別の海上境界線を主張しており、最近もこの線を基準に韓国船舶が侵入したと主張したことに関し記者団から問われ、このように答えた。

青い線がNLL、赤い線が北朝鮮が主張する境界線=(聯合ニュースTV)

 北朝鮮は14日、艦艇間ホットライン(国際無線通信網)を通じ、韓国の船舶が北朝鮮水域を侵犯したと主張した。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。