Go to Contents Go to Navigation

ボクシング韓日定期交流戦 21日に韓国・大田で開催

記事一覧 2018.10.16 17:53

【ソウル聯合ニュース】韓国のボクシング団体、ボクシングマネジメントコリア(ボクシングM)は16日、中部・大田市の大徳大体育館で21日に「第1回プロボクシング韓日定期交流戦」を開催すると発表した。

「第1回プロボクシング韓日定期交流戦」のポスター(ボクシングM提供)=(聯合ニュース)

 ボクシングMは、今年4月に日本ボクシングコミッション(JBC)と両国で相互に定期交流戦を行う契約を締結した。

 第2回大会は、来年4月に東京・後楽園ホールで開催される。

 今回の交流戦には、韓国からボクシングM韓国ライト級チャンピオンのクォン・オゴン、新人最強戦「バトルロワイヤル1」ウェルター級チャンピオンでモンゴル出身のバトゾリグらが出場する。

 日本からは、昨年度の全日本新人王を獲得した有岡康輔(ライト級)のほか、重田裕紀(ウェルター級)や中川公弘(フェザー級)らが参加する。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。