Go to Contents Go to Navigation

文大統領「朝鮮半島に平和定着すれば韓国はさらに良い投資先に」

記事一覧 2018.10.16 19:07

【パリ聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は16日(現地時間)、フランスで開かれた「韓仏ビジネスリーダーズサミット」で演説し、「フランスは欧州の政治・経済・文化の中心地で、韓国は北東アジアの拠点国家であり、互いに魅力的な市場であることは明らかだ」と述べた。

演説する文大統領=16日、パリ(聯合ニュース)

 その上で、「今が韓仏経済協力を発展させる最適な時期だと自信を持って言える」とし、「朝鮮半島に平和が定着すれば韓国はより良い投資先になるだろう」と強調した。

 文大統領は両国の経済協力のうち、貿易と投資が大幅に拡大したことについて触れ、「今年上半期に入り、これまで停滞していた両国の貿易規模が大きく増加したが、貿易品目がエコカー、航空機部品、化粧品などと多様化し、特に両国の輸出入が共に増えたのは意味が大きい」と評価した。

 また「韓国貿易協会とフランス産業連盟が両国の進出企業支援のために手を握ることにしたが企業進出と事業拡大にとって新たな転機になる」とし、「政府は定例的な韓仏経済長官の対話ルートを通じ、貿易・投資拡大を助け、積極的に支援する」と約束した。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。